纏めサイト白髪染めメイン画像

髪にやさしいヘアマニキュアの白髪染め

最近、髪にやさしい白髪染めとして「ヘアマニキュア」が人気のようです。

ドラッグストアやスーパーで販売されている所謂「白髪染め」の多くは、アルカリ剤を含んだ「ヘアカラー」タイプの白髪染めです。

ヘアカラータイプの白髪染めの特徴としては、色ムラが少なく、また色持ちも長い点が挙げられるのですが、その反面、髪の毛に与えるダメージは少なくありません。

ヘアカラーに含まれるアルカリ剤は、髪の表面を保護するキューティクルを強制的に開くことで、髪の芯までしっかりと色を染める事ができるのですが、髪に艶を与えるキューティクルを破壊するばかりでなく、髪の内部の水分やケラチンなども外へと流出させてしまうのです。

白髪染めをした後、髪の毛がゴワついた経験はないでしょうか?あのごわつきこそ、アルカリ剤による髪へのダメージの証拠なのです。

白髪が目立たなくなるのは良いけれど、髪自体が傷んでしまっては元も子もありません。

そこで最近人気を高めているのが、そう「ヘアマニキュア」なんです。

ヘアマニキュアは髪の表面に色を付けるので、髪自体を白髪染めで痛めつけることがありません。

更に、ヘアマニキュアは髪の毛と同じ弱酸性なので、キューティクルを保護し髪に艶を与える働きもあります。

ヘアマニキュアを使えば、髪に艶が出てハリやコシも感じられるようになるはずです。

但し…、ヘアマニキュアにも弱点は有ります。

それは、ヘアカラータイプの白髪染めに比べると、色持ちが弱い所。

それ故、ヘアマニキュアは使用頻度が多くなってしまうので注意が必要です。

最近は使う度に白髪を目立たなくする白髪染め(http://www.ci-labo.com/shopping/product/00024304/)もありますから、そちらもおすすめです。

Copyright startashoppe.com.